運転免許証と海外

海外では、その国にあった交通ルールが適用されています。
アメリカでは文字を用いた標識が多いですし、イギリスなどでは、「ラウンドアバウト」という円形交差点が主流です。
その国の交通マナーを守ることも大切です。
日本の運転免許証は、警察で所定の手続きを取ることで、海外でも利用できます。
特に、ジュネーブ条約に加盟している国々であれば、特に問題なく走行が可能です。
ただし、運転マナ-に関しては、その国の地域性が反映されます。
日本人旅行者のみで行動せず、その国のガイドと行動を共にするなど、様々な配慮をしましょう。

世界各国で、独自の運転免許試験が行われ、外国人もその試験を受験出来ます。
ただし、試験で使う言語には日本語は登場しませんし、交通マナーなど、様々な勉強が必要です。
現地で取得した免許を活用するときは、有効期限にご注意下さい。
期限が切れてしまった場合、免許は失効となり、その国での運転が禁止されます。
海外に長期滞在をされない場合は、試験を受験しない選択肢も考慮しましょう。
海外には、多様な文化があります。
宗教や文化など、暗黙のルールが存在する地域もありますので、現地の慣習をよく勉強しましょう。

海外でのドライブは、観光地や市街地など、交通量が多い道路の走行が多いでしょう。
もっとも、長期滞在などをされる場合は、特定の位置に住所を定め、住民の方と同様の運転スキルの習得が望まれます。
どのような目的で運転をするのかを明白にして、運転をしましょう。